ダイヤモンドステータスで旅行してみよう。

ANA2018年度ダイヤモンド資格取得済み。旅行など徒然と書き記す予定です。

バンコク

SFCの修行で最近目を付けられているのは

旅作だと思う。

 

その旅作で、亜細亜圏でプレミアムエコノミーを設定している旅先に行く。

それに可能であれば、那覇をくっつける。

ようするに

旅作で出発地を那覇として行先をバンコクなどとする。

とるチケットは

那覇→羽田(成田)

羽田(成田)→バンコク

バンコク→羽田(成田)

羽田(成田)→那覇

とする。

この那覇と羽田(成田)のアディショナル分はエコノミー席で

バンコクへの往復はプレミアムアコノミーとなる。

しかし、この那覇⇔羽田間は普通に国内線航空券を買うより格安。

バンコク往復のチケット+10000円少々で追加できる。

その上、もらえるプレミアムポイントが

普通の国内線航空券の羽田⇔那覇間よりも多い。

往復で1000くらい多い

 

で、お気づきと思うが

このフライトにプラスして

別途で羽田→那覇那覇→羽田を購入する必要があります。

 

ちなみに上記のルートを

羽田→那覇・・・プレムアムクラス

那覇→羽田・・・旅作 国際線付随の国内移動

羽田→バンコク・・・旅作 プレムアムエコノミー

バンコク→羽田・・・旅作 プレムアムエコノミー

羽田→那覇・・・旅作 国際線付随の国内移動

那覇→羽田・・・プレムアムクラス

と、すると、1回の旅行で19000ちょっとのプレムアムポイントを取得できます。

 

そんなわけで国際線プレムアムエコノミーがある東南アジアの有名な旅先は

バンコクシンガポールジャカルタ

くらいです。

インドのデリーとかもあるみたいですけど。少し難易度が上がりますね。

時間もかかります。

旅作は現地で2泊はしないと、成立しないので。

 

前置きが長くなりすぎてしまった。。。

 

しかし、そんなワケでタイミング、都合のつけられるひとは

きっと、多くが旅作でプレミアムエコノミーでバンコクへ行くでしょう。

 

微笑みの国 タイ

f:id:hiloiuki:20161213213807j:plain

タイのバンコクは流石にそうとう多くの日本人が行く場所であり

日本企業の進出も多く、タイ料理がずいぶん馴染んできているし

多くの人がタイは行ってみたい場所、行ってもいいよ。という場所

になっていると思います。

 

けっこう長々してしまったので、続きは次回に回しましょう。。。

 

つづく