ダイヤモンドステータスで旅行してみよう。

ANA2018年度ダイヤモンド資格取得済み。旅行など徒然と書き記す予定です。

JOCV

昔語り。

 

私は昔、JOCVだった。

JOCVとは

青年海外協力隊

JOCV stand for "Japan Overseas Cooperation Volunteers"

f:id:hiloiuki:20170126232301j:plain

JOCVはJICAが管轄しています。

JICAは外務省所管の独立行政法人

 

ハワイ好きから

ハワイ移住したい!

と、思って調べたが現実は厳しい。

グリーンカード運頼み。しか無理そうだな。

と、なり。

※中長期的滞在のワーホリは自力資金が厳しいし

 親にはそのような余力は無い家庭だし。

定年後に30日のロングステイくらいが

Feasibilityなところか。。。

 

特にとがったトコロもなにもなく

普通に学校行って、就職してしまって

就職先でも壁にぶち当たり

このままなんとなーく続けていていいのだろうか???

という時に

夢想:ハワイ好き→移住したい→無理臭い。。。

現実:会社ツライ→転職か?→何度も転職活動頓挫。。。

 

そんな時に青年海外協力隊の存在をしる。

同時に幕末の偉人達なんかのエピソードや名言にもハマる。

 

いろいろと幕末関連を見たとき

これは!!と、思う人物に行き当たりました。

吉田松陰寅次郎

松陰先生ですね。

f:id:hiloiuki:20170126232321j:plain

・『士たるものの貴ぶものは 徳であり才ではなく

  実践であり学識ではない。』

 

・『かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ大和魂

 

・『妄りに人の師になるべからず、妄りに人を師とすべからず。』

 

・『君子は理に適うか否かと考え行動する。

  小人は利になるか否かと考えて行動する。』

まだまだありますが

特に影響を受けたのは弟子の高杉晋作とのやりとり

晋作の「男子たるもの死すべきところはどこなのか?」

という問いに答えたもので

『死して不朽の見込みあらばいつでの死ぬべし。

生きて大業の見込みあらばいつでも生くべし。』

かるーく解釈すると

『既に不朽の名作的ななにかやり遂げた!!

って思っているならいつ死んだっていいじゃない?

まだまだこれから、自分は何かやり遂げられる!

世界が自分を必要とする時が来る!!

って思っているなら、その時情けなくても

意地を捨てても、逃げ延びて生きるべきだね。』

というような意味でして、これは るろうに剣心

時代の天誅!人誅!!暗殺!京都焼き討ち!!

の時代の話たとえなので、まぁ現代風に即して

自分に都合のよく解釈して、今自分で出来る

『不朽の見込み』っては何だろうね?

と、思い、青年海外協力隊挑戦を調べたところ

その時点で青年海外協力隊経験者ってのは

約300,00人という事が解り

日本の人口の1億20000万人に対して300,00人って

4000人に1人、0.00025%

コレもう不朽って言えるんじゃね?

我が家系からしたら十分、コレ以上の稀なコトした人

きっとイネーな。

 

ちなみに全国の警察官の数は約300,000人

人口10,000人に22,3人

そうなると青年海外協力隊経験者は

警察官の1/10な訳で

人口10,000人に2人ちょい

警察官だってダイレクトに知り合いいないし

その10倍出くわさない。

 

というけっこう歪んだ発想からと、

まぁ、自分に自信が無いのもあるが

こんな微力で何が出来るか?

役に立てる自信は無いが、頑張るし。

という事で青年海外協力隊を目指す事に。

 

ちなみに、青年海外協力隊

ボランティアではあるが応募して試験を突破せにゃなれません。

・試験(資格や論文、実技)

・健康体(自費で健康診断受けて診断書提出)

・英語力(でも受験時点は英検3級と4級の間程度でOK)

興味のある方はJICAのHPご参照ください。

f:id:hiloiuki:20170126232417j:plain

 

試験は年に2回

私は挑戦して3回落ちて、4回目で合格しました。

この時、齢28 。。。

 

つづく