読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぅーっとSFC取得

ANAのSFC取得を主に旅行など徒然と書き記す予定です。

続続・任地へ

GHANA SFC

続きです。

長文になってしまいました。。。

 

NKAWKAWにたどり着きますと乗り換えです。

次は船着場までの道のり。

船着場はADOWSOという場所

f:id:hiloiuki:20170205002910p:plain

グーグルMAPによると1時間ほどと出てますが

まぁ、そんなもんだったかな?

1時間半だかそんなもんですゎ。

ここはガーナでは数少ない峠越えのような場所です。

ガーナは基本フルフラットな国土で

最高峰の高い山でも確か830mくらい。

 

そこにちょっとした”いろは坂”のような

つづら折りのカーブが続く峠道があります。

それでも日本で本物のいろは坂を見ていたら

それほどでも無いのですが

なんら交通ルールの合って無きようなこういう国では

バカのような過積載で重心が狂っている

トラックが横行している為、

峠道の途中で横転しているクルマが結構居ます。

f:id:hiloiuki:20170205002959j:plain

そんな峠道を超えて、いよいよ人住んでんの??

みたいなだだっ広いノッパラのような場所を進み

不安が覚える頃に船着場につきます。

ここは小さな村落になっていますが

かなり寂しい場所。

 

船着場では車両が乗り込めるタイプの

国策、国営?のポンツーン

※PONTOONで辞書だと平底船

 ここで初めて聞いた単語ですが現地人は

 ポンツーン、ポンツーンと言ってました。

f:id:hiloiuki:20170205003014j:plain

↑ ポンツーンね。

 

と、木製のボート

f:id:hiloiuki:20170205003050j:plain

↑ 木製のボート ベトナムとかバンコクとか東南アジアのメコン川でもよく見る。

 

NKAWKAWから目的地のDONKORKROM行きの

国営の1日2本しか無いバスに乗れた?乗った時とか

バスで無いにせよ、DONKORKROM行きのバンに

乗った時もまぁポンツーンです。

f:id:hiloiuki:20170205003150j:plain

↑ バスです。一見立派に見えるでしょうクーラー無し

 

バスやバン以外にはルートタクシーという

ADOWSOまで行く乗り合いで料金一律のタクシーがあります。

f:id:hiloiuki:20170205003301j:plain

↑ ルートタクシー

 

この場合は助手席、後部座席3名が集まると発進!

最悪、全座席購入という金にモノ言わせる作戦なら

直ぐに出ますが、旅行者ではなく日本代表として

現地人とともに現地人と同じように活動する隊員の気概で

葛藤するものの、その作戦は滅多に使わなかったです。

 

ポンツーンの場合は

ポンツーンは1船しかないく

物凄く遅いうえに、接岸後にクルマの積み替えとか

どえらく時間が掛かるのです。

ちょうどADOWSOに到着した時に

ポンツーンが出航したばかりだったりすると

これまた90分は待ちます。最悪150分くらいかかる事も、、、

 

その点ボートは比較的直ぐにでます。

やはり現地民でも早く帰宅したい人や

さまざまな理由でバスで来ていても

乗り捨てて、ボートに切り替えたりする人が居ます。

※日本人感覚ならめちゃくちゃ安いですからね。バス代

f:id:hiloiuki:20170205003403j:plain

↑ 顔なじみとなったボートの船頭の若者

 

そういう訳で初期のころはJICA推奨のポンツーン利用が

主だったものの、そのうち、

首都のクーラーの効いた会議室でモノ言ってんじゃねぇ!

隊員は現場で活動してるんだ!!

、、、とまでは思わないもののボート活用が多かったです。

 

ちなみにこの船の区間はポンツーンで30分くらい?

ボートで10分弱

個人的にはどちらを選んでも

ポンツーンは過積載だし、老朽化はなはだしいし

ボートは木製でまいど浸水してくるし

最悪、沈没、転覆した場合は泳ぎ切れるか?

脳内シミュレートは欠かさなかったですが

おそらく、持っている荷物を捨てる決断が

素早く下せるか否か?が成否を分けそう。

と、思っていました。

距離的には泳げるでしょう。

幸い海ではなくて湖なので波や流れもほぼ無しなので。

 

移動する時って大概、首都の隊員宿舎に

総会だとか、他の隊員仲間と協力した活動する時

とかで、唯一の娯楽であり、実務的にも必須な

ノートPCや付随してデジカメ、HDDなど。

要するに大切なメモリー(写真)が入っているので。

その判断だな。と思ってました。

幸いそんな事には遭わないで済みましたが。

 

で、対岸に渡るといよいよ我がテリトリー

とはいえそっから我が家のある

DONKORKROMまではさらに2時間近くかかるという。。

f:id:hiloiuki:20170205010133p:plain

ここからは、各村落ごとに

下車する人が居ますからね。

f:id:hiloiuki:20170205004834j:plain

そんな訳で首都のアクラから我が家ドンコクロム

までは乗り物に乗ってる時間だけでも6時間超

羽田からバンコクばりな訳です。

待ち時間まで入れたら10時間くらいはAVEかかる。

最早アメリカ西海岸に行けるのであります。

疲労度はMAX

まごう方無き僻地なワケです。

 

つづく