読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぅーっとSFC取得

ANAのSFC取得を主に旅行など徒然と書き記す予定です。

モン・サン・ミッシェル観光

モン=サン=ミシェルの内部に入る頃

雨が降ってきた。

 

モン=サン=ミシェルは

大天使ミカエル

熾天使ミハエルともいうような気がしなくもない。

のお告げで作り始めたとかいう伝説が

あったりなかったりあったりする。

f:id:hiloiuki:20170326203814j:plain

1000年頃には完成していて

歴史とともに

聖堂だったり砦として使われたり

監獄になったり、紆余曲折して

ナポレオン三世の頃

日本でいう明治維新の頃に

修道院に戻って現在に至る

カトリックバチカン)の

聖地として巡礼者が絶えない。

観光客の方が絶えない、

 

ざっとそんな略歴のある史跡である。

おどろおどろしいのかなんなのか?

壁のレリーフ

f:id:hiloiuki:20170326203612j:plain

至る所に見られた磔刑の図

f:id:hiloiuki:20170326203627j:plain

時間帯的に海というか

潮干狩りみたいな光景になってしまった。

f:id:hiloiuki:20170326203836j:plain

モン=サン=ミシェルは意外と登坂で

てっぺんまではなかなか登ります。

 

昔々にこんな天井の高いので

カッコエエの造ったのは凄いなぁ。

f:id:hiloiuki:20170326203926j:plain

 

裏の方にはサクラが咲いていた。

f:id:hiloiuki:20170326203955j:plain

桜で思い出したが、ここノルマンディー地方

牡蠣の産地でもある。

ここの牡蠣がなんだか病気で壊滅したトキ

日本の宮城県三陸の牡蠣を上げて

壊滅から救ったというエエ話がある。

時が経ち、2011年東日本大震災津波

宮城県三陸沖の牡蠣が壊滅した時

このノルマンディーから牡蠣が提供されて

今、三陸の牡蠣が復活してきた。

と、いう世代時代当事者を超えた

泣ける実話がある。

 

No Border

 

今回は時間の余裕がなく日帰りツアーなので

仕方が無いが、潮の満ち引きで

水に囲まれるシーンを観たかったら

やはりここに1泊はせにゃならんでな。

f:id:hiloiuki:20170326204126j:plain

 

パリへ戻る道の途中でよった

サービスエリアのような場所で買った

パリジャサンドと

往路で買っておいたサイダーで

夕食とする。

f:id:hiloiuki:20170326204016j:plain

 

宿についたのは22時過ぎで

宿のオッサンに怒られたw

日帰りツアーこんなに時間かかるって

知らんかってん。。。

 

翌日は華のパリ散策

f:id:hiloiuki:20170326204059j:plain

 

つづく