すぅーっとダイヤモンド取得

ANAの2018年度ダイヤモンドクラス取得までを主に旅行など徒然と書き記す予定です。

パリ観光-2 アフリカ人街を目指す。

パリではいっちょ

指令を受けていた。

師匠からフランク・ケストナーなる

日本未上陸のチョコレート屋で

チョコレートとマカロンを買ってこい。

という。。。

f:id:hiloiuki:20170328231502j:plain

無事に発見。

この頃にはフランス語の挨拶だけ

どうにか口に出るようになっていた。

 

ボンジュール(こんにちわ)

で店に入って

商品を指さして

サ シルブプレ(これください)

と言う。

お金を払って

メルシー(ありがとう)

と言われ、

ドゥ リャン(どういたしまして)

と、返す。

帰り際に

オ ヴァー(ル)(またね)

と、言って去る。

 

f:id:hiloiuki:20170328231722j:plain

なんか会話成立した達成感満載。

 

英語喋ってくれない、とか聞いていた

フランス人だが、私がこの旅で会う人は

そんなこたぁなかった。

でも、上のフランス語をチョイと

ヘッタクソでも発音がどーだか知らんが

喋ると、大変よい感じになった。

 

そんな訳で、この旅はなんだか気分がよかった。

 

お次はパリ北駅に下見にやってきた。

 

f:id:hiloiuki:20170328231837j:plain

明日、ここからロンドンに行くからだ。

ここまでの経験上、可能であれば下見をする。

というのは習慣になっていた。

特に、どこか遠くに行くターミナル駅

特に、時刻が決まっていて逃せない。

などの場合は下見は本当に重要だ。

その場所まで行くアクチュアルな所要時間

その場所の構図、改札、券売機、売店の場所

そういったことを把握しておくことは役立つ。

 

f:id:hiloiuki:20170328231854j:plain

とは言え、ただただ下見の為だけにその場所に来る。

となると、ちょっと大切な旅行の時間を割くのだから

癪に障る、なにかの序でに出来ればあのよろし

 

そういう事でこの時はそもそも

パリ18区に行きたかったので

パリ北駅のロケーションは10区で

18区とは隣り合っていた。

 

18区に何があるか??

というと、観光客はあまり近寄るな。

と、歩き方などには記載のある

アフリカ移民街である。

 

個人的にはもう、アフリカに飢えていた。

パリにアフリカ人街があると知り

こりゃいかにゃなるまい。と思っていた。

アフリカ人街に入ると、

ミノスフキー粒子の濃度が濃いのが解る。

 

ガーナでよく見た食材

なんかを売るお店があり

勝手知ったる黒人がうようよいる。

勝手にテンションが上がるw

 

RESTAURANT BEST AFRICA

f:id:hiloiuki:20170328231916j:plain

おおーーーアフリカ人がつけそうな

ドストレートでダサイ目の素晴らしい

ネーミング!!

もう、入るしかない!!

 

中にはアフリカ人だらけ、アフリカで嗅いだ匂い

店員さんに意気揚々話しかけるが

英語が通じない、そうだここはフランス。。

黒人もフランス宗主国系移民が多く

このレストランもブルキナファソ人が多かった。

ガーナの上の国じゃん。

というワケで料理もガーナ料理とは異なるが

クスクスにスピナッチソース

そこにシトー(トウガラシソース)

と、フライドチキン

もうバッチリと味は西アフリカ系だ。

f:id:hiloiuki:20170328231940j:plain

クローネンブルグのロング缶を頼んでも

6ユーロと格安に感じた。

 

大満足で18区を後にした。

 

つづく