おもしろきこともなきよをおもしろく

ANA2018年度ダイヤモンド有資格。旅行など徒然と書き記す予定です。

ホーチミン食べ歩き。麺類

ベトナムの料理好きです。

 

まずはフォー

もう日本でも知名度も十分あがっており

認知度も高いと思います。

ベトナムと言えばフォー。くらいな

タイと言えばトムヤムクン。くらいな

覚えられ方はしていると思われます。

 

今更ですがサラっと説明すると米麺のスープヌードル

そのフォーですが、基本的にはドコでも食べられますし

どこで食べてもなかなか美味しいと思っております。

個人的にはホテルの朝食でも楽しめると考えます。

私が泊まるのは1泊2500円から4000円レベルです。

便が良いのでダテム通り近辺に宿泊します。

そこでもだいたい朝食付きとなっており

そのメニューにフォーも大概あります。

f:id:hiloiuki:20171213134259j:plain

因みにフォーはフォー・ガーとフォー・ボーってのが

だいたい2大派閥です。

ガーは鶏肉。ボーは牛肉です。

ガーが一般的ですかね。

f:id:hiloiuki:20171213134325j:plain

フォーガー

f:id:hiloiuki:20171213171723j:plain

フォーボー

 

Google マップ

 

ホテルの朝食でも頼んで作ってくれるのでしっかりしてます。

その写真を撮って、帰国後に詳しくない友人に見せても

ローカルな店か屋台で食べたと信じて疑わないレベルと思います。

ちなみに最後の最後でホーチミンでフォー食べ忘れた!!

って場合は、SFC持ち、解脱者ならタンソンニャットのラウンジで

セルフだけど、けっこうきちんとしたフォー食べられます。

f:id:hiloiuki:20171213134434j:plain

 

 ・フーティウ(フーテウとか書かれてるガイドブックもある。)

フーティウ・ナムバンとかって書いてあります。

 Hu Tieu Nam Vang

Nam Vangがプノンペンカンボジアの首都ね。)って意味で

そちらのほうから伝わったという麺料理

ベトナム南部(ホーチミンあるほうね。)でよく食べられるようです。

f:id:hiloiuki:20171213153810j:plain

Google マップ

麺は細い麺でビーフンとかレベルの細さです。

海老、豚肉、ひき肉、レバー、うずらの卵などたくさんの具が入っていて

スープ入り(Nuoc)、スープセパレート(Kho)のタイプがあります。

f:id:hiloiuki:20171213153719j:plain

スープセパレートの場合はスープは掛けてもいいし

スープだけ飲んでもOK,麺たちには味がついているので

そのままマゼソバみたいに食べても美味しいです。

因みに写真のヤツで50000VDN=250円くらいだったと思われ。

 

ブンチャー

ブンチャーもフーティウのような細い麺です。

つけ麺タイプの食べ方をします。

細い米麺、を葉っぱと一緒に独特のつけダレにつけて食べるです。

ベトナム北部ハノイ方面でよく食べられるそうです。

f:id:hiloiuki:20171213162745j:plain

ホーチミンベトナム人で賑わう地元ウケしているお店でいただきました。

汁の中に入っている肉が美味い。大根ぽいのも美味い。

やけに美味い。いい味している。

f:id:hiloiuki:20171213162847j:plain

Google マップ

ベトナム人向けのお店とは言え、37000VDNは安い!

 

・ブンボーフエ Bun Bo Hue

ブンボーフエは

ブンが麺、ボーが牛、フエが地名のフエ

でフエ地方の牛肉が入った麺

ってな感じです。

f:id:hiloiuki:20171213171744j:plain

Google マップ

この麺はフーティウ、ブンチャーより太くて丸い麺ですね。

フォーの平麺とはまた違います。

と、言うても写真では違いがよくわからんですね。。。

 

今回はベトナムで食べた麺類の紹介ですた。

まだまだ他にも麺類、具の違いなどなどあるようなんで

次回行ったら新規開拓したいっすね。