おもしろきこともなきよをおもしろく

ANA2018年度ダイヤモンド有資格。旅行など徒然と書き記す予定です。

インド・スリランカ旅-7 ニューデリーの観光 後編

ようやくクトゥブ・ミナールを紹介できる。。。

 

クトゥブ・ミナールイスラム教系の遺跡です。

1200年頃にここを支配していた、王朝が建てたモノで

モスクとセットのミナレット(塔)です。

f:id:hiloiuki:20180408141245j:plain

72.5mの高さで世界最高だとか。。

 

で、この塔の直ぐ近くに作ろうとして途中で頓挫したドダイが

フランス菓子のクグロフのような容で残っています。

f:id:hiloiuki:20180408141145j:plain

こっちが完成していたら、推定100m以上とのこと

 

ちなみに、世界遺産です。

f:id:hiloiuki:20180408141321j:plain

昔はミナレットに登れたらしいですが、

現在は登れません。残念、、、

 

クトゥブ・ミナール周辺の建物も

f:id:hiloiuki:20180408141358j:plain

実にスバラシイ味わい深い造詣なのであります。

f:id:hiloiuki:20180408141435j:plain

映画のワンシーンにりそうな。。。

 

もう一つ、この遺跡の中に面白いモノがあります。

デリーの鉄柱、チャンドラヴァルマンの柱ともいう。

f:id:hiloiuki:20180408141528j:plain

純度99.72%の鉄で出来ており

錆びないのであります。 

f:id:hiloiuki:20180408141459j:plain

実にロマン溢れる伝承を持つこの柱

すばらしいですね。

 

f:id:hiloiuki:20180408141559j:plain

クトゥブ・ミナールの庭園の中も動物がいます。 

f:id:hiloiuki:20180408141620j:plain

お散歩にもよい場所。

 

朝一からよい観光をして、デリーへ戻る。

f:id:hiloiuki:20180408141649j:plain

チャイ売り発見

 

f:id:hiloiuki:20180408141713j:plain

インドの国技 クリケットを楽しむ人々

 

f:id:hiloiuki:20180408141740j:plain

ニューデリーで1番デカイ、栄えているショッピングモールへ

 

f:id:hiloiuki:20180408141823j:plain

歩きつかれた後のビールはおいしい。

 

f:id:hiloiuki:20180408141850j:plain

ニューデリー駅に戻ると、人が増えている

 

次の目的地に選んだのはRAJGHAT

インドといえば、の、マハトマ・ガンジー

慰霊碑のあるところです。

f:id:hiloiuki:20180408141928j:plain

最寄の駅からリキシャで移動。

f:id:hiloiuki:20180408142148j:plain

流石に歩けぬ、、、

 

正直に言うと、ガンジー大好きでもない限り

別に来なくていい場所かと。見応え、見所そんなにないです。

f:id:hiloiuki:20180408142006j:plain

インドの一般市民の憩いの場、テキな場所です。

インド人の学生の修学旅行とか、インド人が多いですね。

 

お次はインド門へ。

インド門は第一次世界大戦での戦死者慰霊のモニュメントだそうで

パリの凱旋門を参照に作ったらしい。

f:id:hiloiuki:20180408142038j:plain

個人的にはラオスの首都、ヴィエンチャンの門の方が凱旋門に似てると思う。

インド門はあまり、これまでタージマハルやクトゥブ・ミナール

観てきた建造物より歴史も浅いし感動も薄かった、、、すまん。

 

で、こちらインド門も周辺で出店などが出ていて

インド人憩いの場所な感じでした。

その出店の中でモモ(蒸し餃子)を売る子供を発見

少しお腹も空いていたので、いただく事に。

f:id:hiloiuki:20180408142113j:plain

なんせ安い。40ルピーて7,80円だよ。

 

f:id:hiloiuki:20180408142220j:plain

写真を撮らせてもらったが、なかなか精悍な顔つきだな。少年。

 

と、言うわけで、けっこ歩いたし、けっこう色々見たな。

 

宿に戻り、もう、どこか探すのもめんどくさくなり

宿についているレストランで食事する事に。

f:id:hiloiuki:20180408142248j:plain

暗い写真ですが、ラムチョップカレー。

 

後で調べると、他にも見所がけっこうあるし、

ニューデリーからアーグラくらいの距離

クルマで3,4時間の場所に沢山、遺跡とかあるし

もう1度、インド観光行ってもいいのかも?

と、思うニューデリー滞在でした。

 

翌朝、早朝に宿をでて、空港へ

f:id:hiloiuki:20180408142407j:plain

ワクワクドキドキのインディアン航空発搭乗

f:id:hiloiuki:20180408142341j:plain

朝っぱらから激こみ、このときSFCなども無いが

預け荷物無し。だったので、ハンドキャリーオンリーの

チェクインカウンターは空いていて

荷物を少なくするのは旅の技術でもっとも重要な一つ。

と、再認識

 

ニューデリーからチェンマイ経由の飛行機に無事搭乗

ベジ or ノンベジ と聞くくせに

ノンベジを頼むと、もう無い。

と言われる始末、もう無いっていうか用意してないんじゃない?

他、殆どの乗客、インド人でベジしか頼んでないじゃん?

f:id:hiloiuki:20180408142458j:plain

というなかなか笑わせてくれるインディアンエアー

 

チェンマイの空港では4,5時間待ち時間があったので

外に出るチャレンジも考えたけれども

あいにくの雨で、おとなしく空港で時間をつぶす事に

 

f:id:hiloiuki:20180408142618j:plain

微妙に腹も減ったのと

インドルピーの残を使い切るために

また、カレーを食う 笑

f:id:hiloiuki:20180408142553j:plain

卵カレー

 

引き続き、インディアンエアーで

いざ、スリランカへ。

機内食はこんどこそ! の ノンベジ

 

f:id:hiloiuki:20180408142641j:plain

 f:id:hiloiuki:20180408142702j:plain

タンドリーチキンっぽい機内食でさらばインド。