おもしろきこともなきよをおもしろく

ANA2018年度ダイヤモンド有資格。旅行など徒然と書き記す予定です。

インド・スリランカ旅-8 スリランカ到着 ポロンナルワ遺跡まで

インドからスリランカへ無事に到着f:id:hiloiuki:20180409001013j:plain

けっこうしっかりした空港です。

空港内で両替を済ませます。

f:id:hiloiuki:20180409001230j:plain

スリランカのお札はカラフルでキレイ。

 

事前の調べでスリランカの空港は

コロンボ国際空港の別名もありながら

実はコロンボじゃなくてニゴンボ(ネゴンボともいう)

に近く、コロンボまでは距離がある。

 

因みにコロンボスリランカの首都というのは間違いで

スリランカの首都はスリジャヤワルダナプラコッテである。

 

それは置いておいて、スリランカで私のターゲットは

シーギリヤとポロンナルワでありました。

 

それらの旅程を考えると、この日の宿は

ニゴンボに取りました。

ニゴンボは海沿いにあるビーチリゾート?

漁師町?みたいなトコです。

f:id:hiloiuki:20180409001454j:plain

ホテルにチェックインするともうすっかり夜です。 

f:id:hiloiuki:20180409001550j:plain

少しだけニゴンボの街を歩いてみます。

 

夕食はシーフードが美味しいだろうと期待して

f:id:hiloiuki:20180409001658j:plain

シーフードピザを。

久々のカレー煉獄からの脱出。。 

f:id:hiloiuki:20180409001723j:plain

スリランカのビールはLION

 

インドからの移動と翌日からの観光の為

早めにご就寝zzz

 

翌朝、少し早起きして、ホテルの前の砂浜を歩くと

f:id:hiloiuki:20180409002001j:plain

なかなか雰囲気が良かった。

f:id:hiloiuki:20180409001941j:plain

惜しい。もう少し余裕がある旅程だったら。。

 

ホテルからニゴンボのバスターミナルまで行き

ポロンナルワまでバスで移動、直行が無いので

途中の要衝 クルネーガラの街までのバスに乗ります。

f:id:hiloiuki:20180409002053j:plain

スリランカインターシティバスという長中距離バス網が

発達していてパッカー系旅行者には便利な移動手段です。

しかしニゴンボからクルネーガラ行はインターシティが無く

普通の路線バスみたいなバスでした。

そういう訳で乗客の乗り降りがそこそこあって地味に時間かかりました。

 

f:id:hiloiuki:20180409002121j:plain

クルネーガラのバスターミナルはかなり大きなターミナルです。

そこでポロンナルワ行きのバスに乗ります。

このバスは基本、直行便なので客の乗り降りはありません。

f:id:hiloiuki:20180409002157j:plain

車窓を楽しみながらうとうとしていると、路肩に停車します。

どうした?、と、思うと、どうやら左前輪のブレーキが故障

f:id:hiloiuki:20180409002505j:plain

おいおい、大丈夫か?(どっちかっていうと時間)

30分少々の作業でブレーキシューアッセンブリ交換を実施

f:id:hiloiuki:20180409002531j:plain

その後、走り出して、これまでのように爆走を続ける、、、

不安もあったが、結果論。無事に到着。

f:id:hiloiuki:20180409002603j:plain

よくあんな場所でどういうネットワークか?

サイズなど一致するブレーキシューが持ってこれたもんだ。。

と、感心する。

 

30分少々走って、ポロンナルワ到着

f:id:hiloiuki:20180409002655j:plain

まずは腹ごしらえ。

f:id:hiloiuki:20180409002632j:plain

インドとは別バージョンのカレー。

 

さて、観光するぞ。