おもしろきこともなきよをおもしろく

ANA2018年度ダイヤモンド有資格。旅行など徒然と書き記す予定です。

ANAからLCCへの乗り継ぎ。 入国審査は必要か? at シンガポールチャンギ空港

今回、シンガポール行きの航空券をANAで手配しましたが

シンガポールには興味無く、別途LCC手配でまずは

クアラルンプールへAir Asiaで飛びました。 

f:id:hiloiuki:20180502154717j:plain

荷物はハンドキャリーオンリー。

WEBチェックインは漏れなく済み。

この状態で

シンガポールチャンギ空港乗り継ぎで

一旦シンガポール入国する必要があるのか?

そのまま乗り継げるのか?

という疑問がありました。

 

先に書いておきましょう。

【結論】:不可能でした。。。orz

 

チャンギ空港は到着と出発が同じロビーになります。

なので、到着後に流れ作業で入国審査へ進まないでターナミナル内を

うろちょろ出来ます。

f:id:hiloiuki:20180502154752j:plain

ターミナルは去年の暮れにT4まで開業しまして4つもターミナルがあります。

そしてAir AsiaはT4発着でありました。

We are moving from Terminal 1 to Terminal 4 at Singapore Changi Airport | AirAsia

 

ANAはT2に到着します。

トランスファーラウンジの辺りまで来て

f:id:hiloiuki:20180502154826j:plain

T4へはF51ゲートから。

という案内表示を発見。ちょうどイミグレに降りていく近辺です。

f:id:hiloiuki:20180502154855j:plain

チラ見すると、イミグレが混んでるな。。。

じゃ、ちょっとそのT4行きの場所みてみるか。

アワヨクバ突破出来るか?と。

でも冷静に考えると到着から出発時刻まで2時間30分ほど

搭乗時刻までで考えると、余裕はほぼ無い。

 

チャンギは既述の通り出発客、到着客混在ですので

ゲートの入り口で手荷物検査をする仕組みになっております。

F51まで行くと、T4こちらの案内と係員が居て

AirAsiaに乗りたいからT4行きたいよ。

と伝えると、航空券を見せて。

と言われまして、iPhoneの電子チケットだよ。

と、Wallet に移しておいた画面を見せると

OKが出て、中に進入。

f:id:hiloiuki:20180502154932j:plain

エレベーターを下って、T2 ⇔ T4バス乗り場へ。

 誰も居ません。来たバスも私しか乗客が居ない。

 

とりあえづ、ここまで来れた。

いけるんじゃねーの???と

思いながら、ターミナル移動中に飛行機の写真を激写 

f:id:hiloiuki:20180502155010j:plain

スクートが多かったなぁ。やはり本拠地。

 

で、T4に到着。

f:id:hiloiuki:20180502155500j:plain

バスを降りて、自動ドアを開けると

手荷物検査のコンベアーの終わった先、

その先にもう一枚、ガラスの仕切りがあって警備員が居る。

という隙間に出てきます。

 

その隙間にスクートのカウンターだけあります。

 

警備員の方に進み、パスポートと電子チケットを同様に見せると

T4の別の地上係員に聞いてくれ。と言われます。

 

雲行きが怪しく。。。

 

その係り員のところに行き、これまでのいきさつを話すと

Air Asiaに電話してくれてこういう乗客がいるけど、

このまま保安検査通過させていいの?

ハンドキャリーオンリーだから、いいんじゃないの?

ダメなの?わかる人居ないの??

というようなやりとりする事数分。。。

 

とりあえづ、一回、入国してくれ。

とのお沙汰が、、、

 

直ぐ目の前に入国審査ゲートがあり

そこに行ってくれと。

もしかするとT2まで戻らないとダメかもしれないけど。

入国審査官に聞いて。

みたいな流れになり、とりあえづ行ってみると

すんなりOKでした。

ハンコが一つ増えました。

 

一つ上の2階に上がってAir Asiaのカウンターでチェックイン作業しなおし。

f:id:hiloiuki:20180502155532j:plain

・・・Webチェックインてなんなんだよ。。

と、思うが。まぁ乗り継ぎ時刻があまりないし、素直に従う。

 

そして紙の航空券を発券してもらって

はい、出国審査です。

すると、なんとT4はほぼ全面的に自動化ゲートになっていました。

それも別になんの登録も必要ない。

パスポートを差し込んで、次に進んでサム(親指)指紋認証

ハンコ無しで搭乗エリアに進めました!

素晴らしい。

 

ちなみにT4はLCCメインのターミナルですが

他のターミナル同様、チャンギクオリティで

f:id:hiloiuki:20180502155615j:plain

妙なオブジェだとか、

f:id:hiloiuki:20180502155645j:plain

免税店も豊富で過ごし易い場所でした。

 

というわけで、シンガポールレガシィからLCCの場合

一旦、入国してしまうのが正解のようでした。

たとえハンドキャリーONLYでも。