おもしろきこともなきよをおもしろく

ANA2018年度ダイヤモンド有資格。旅行など徒然と書き記す予定です。

帰国後もバンコック 錦糸町はリトル・バンコック

ひさびさのタイ・バンコク弾丸旅から帰国した二日後に

地元の仲間であり、私に触発されてSFC修行→解脱した友が

今年はSPGのホテル修行をやる事に決めた。

とかで、マリオットの上級会員を目指すとかで

錦糸町もモクシーに泊まる。

f:id:hiloiuki:20180717143644j:plain

ので、錦糸町飲み会をやろう。

泊まりで(爆

※シングルもツインも同料金だから泊まってしまえ。という。。

という流れになり、錦糸町といえば

日本のリトル・バンコックと言われるほど

ディープなタイ料理店が多く、タイ人も多いといわれるエリア。

タイ料理店で飲む事にしました。

f:id:hiloiuki:20180717143545j:plain

東東京の魔都・錦糸町

降り立つのは何年ぶりか?!

f:id:hiloiuki:20180717143611j:plain

おじゃましたのは

タイランドショップ

https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13007984/

 

数あるタイ料理屋の中でもここのビールが安かったのが決めて。

f:id:hiloiuki:20180717143718j:plain

シンハー・チャーン・レオの大瓶=630mlが一律700円

素晴らしい適正価格。。。

どこぞの小じゃれたアジアンテイスト風ヌルイインチキ料理屋では

小瓶で同価格とりそうなトコロ。

 

料理はといいますと

f:id:hiloiuki:20180717143749j:plain

おなじみ空芯菜の炒め物

f:id:hiloiuki:20180717143820j:plain

ヤムウンセン

f:id:hiloiuki:20180717143842j:plain

ラーブ

f:id:hiloiuki:20180717143920j:plain

串焼き

 

を、オーダー

どの料理も艶めかしいほどに現地に近い。

このデティールとテイストはまごうかたなきタイ料理

日本風に寄せていっていない、そのまま感が好きですね。

 

ラーブのうま辛さは友人も気に入り

ビールが進みまくりでした。

 

タイ料理で一杯。

錦糸町はいいかもしれない。

意外とアクセスも良いし。半蔵門線も来てるし。