読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぅーっとSFC取得

ANAのSFC取得を主に旅行など徒然と書き記す予定です。

カフェインレスの謎

ちょっと変化球

 

このハワイ島旅行で

楽しみだった一つに

コーヒー好きとして

コーヒーの聖地のひとつ

ハワイ・コナでコナコーヒーを飲む。

という事でありまして

小さい農園から大きなコーヒー会社まで

沢山あります。

日本で有名どころで言うと

UCC ウエシマ コーヒー カンパニー

ドトールのマウカメドウズ農園

があります。

 

f:id:hiloiuki:20170207232012j:plain

私はUCC Hawaii コナ・コーヒー・エステー

にて、焙煎体験ツアーに参加してみました。

 

f:id:hiloiuki:20170207232040j:plain

日時に恵まれて(?)私一人しか客が居なかったため

UCCのインストラクターさんは独り占め。

f:id:hiloiuki:20170207232137j:plain

f:id:hiloiuki:20170207232059j:plain

生豆を炒って

程よいところで

f:id:hiloiuki:20170207232154j:plain

 

f:id:hiloiuki:20170207232213j:plain

空けて、下方からサーキュレーターで

冷やして出来上がりという。

それはそれは楽しい体験でした。

f:id:hiloiuki:20170207232235j:plain

一人しか居ないから焙煎をストップするタイミングも

バッチリで。キレイなミディアムローストに仕上がった。

 

f:id:hiloiuki:20170207232252j:plain

コーヒーベルトの事など質問したりしていたときに

そーだ、この機会にふとした疑問も質問したろう!!

と、思い出したのです。

 

『最近カフェインレスとかデカフェって見るけど、

カフェインってドーやって抜くの?取り除くの?』

 

最初、そーいう品種の木があるのか?

とも思いましたが、いやいや、そんなワケねーな。

と、思い直しました。

※最近はそういう品種を作ったりもしているらしい。

 

その時に受けた説明では

カナダにカフェインを取り除く技術で

国際特許を取得してる会社があって

世界中のコーヒー大手は殆どソコに

カフェインレス用のコーヒー豆をお願いしている。

 

方法は、生豆の時点で送って

カフェインを抜いて、送り返してもらう。

で、焙煎して、っていう普通のコーヒーと同じ

工程で商品として並ぶんですよー

 

と、なんでも特殊な装置だか水だかに入れて

カフェインを抜くと。

 

そんな手間隙かけているのに

なんでデカフェの値段はそんなに高く無いの?

という質問には

 

その取り除いたカフェインを

製薬会社など主に医療用に転用しているので

あまりコーヒーの値段に跳ね返らないらしいですよ。

 

という話で

へぇーへぇーへぇーへぇー 18へぇ

くらい、トリビアの泉的な満足を得た記憶があります。

 

f:id:hiloiuki:20170207232612j:plain

今、調べるとカナダのスイスウォーター社

というのが、その国際特許を持っている

カフェインレス世界の雄のようで

日本の有名なコーヒー屋はだいたいソコにお願いしているようです。

 

技術ももう1個

超臨界二酸化炭素抽出方式

というのもあるらしい。

なんかすげぇな。

でんじろう先生みたいだ。

f:id:hiloiuki:20170207183129j:plain

 

 つづく