おもしろきこともなきよをおもしろく

ANA2018年度ダイヤモンド有資格。旅行など徒然と書き記す予定です。

バガン観光その1 - ミャンマー旅行 2014年 -

というワケでまずはバガンにでかけた。

ミャンマーの国内線、、想像するだけで怪しいが

乗らないわけには行かない。くらい遠い。。。

f:id:hiloiuki:20171221181534j:plain

まず、ヤンゴン到着して市内のホテルに1泊

青年海外協力隊時代の友人に紹介してもらった

日系のミャンマー国内の旅行を商う旅行代理店の

日本人スタッフの方にヤンゴンバガン(ニャウンウー空港)の

航空券の受け渡しをしてもらいました。

いまでは直接ミャンマーの航空会社のHPから購入も

出来るようですが、どうにも怪しいので

しかるべき代理店を通して入手した方がいいんじゃない?

と、思いますね。

 

ヤンゴンからバガンまでは早朝の飛行機になり

RGN06:30 - 07:50NYU

というなかなかのタイムテーブル。

ヤンゴンは最近交通渋滞が激しいですが

さすがにこの早朝ではそんなに交通量はございませんでした。

ヤンゴンのタクシー運ちゃんたちは実にマトモで

ヤンゴン空港からヤンゴン市内まで定額のタクシーと

流しのタクシーでも言い値は同じでした。

これは他のとりあえず吹っかけ価格から入る事の多い

他の東南アジア諸国を旅した後に行くと実にスバラシイ。

と、感心してしまいます。

そしてヤンゴンのタクシー運転手は結構英語イケます。

運転手さんには国内線なので、

エアポートのドメスティックと告げましょう。

 

この頃のミャンマー国内線の航空券は

手書きも多く、いろいろと驚きの連発でした。

f:id:hiloiuki:20171221181447j:plain

それでも運よく、大した遅延も無く

予定通りに、無事に、ニャウンウー空港に着陸

f:id:hiloiuki:20171221182301j:plain

空港からはバイクタクシーかなんかを適当に拾って

ホテルまで移動しました。

この土地のタクシー運転手達もボッタくり価格は無かったです。

 

この頃でHotels.com でも予約できた数少ないホテルの

ZFREETIホテルというホテルを予約していました。

front | ZFREETI Hotel

f:id:hiloiuki:20171221182232j:plain

宿はけっこう欧米人の客が多く

旅人慣れしているので、チェックインは出来なくとも

荷物を預かってもらえたのでとりあえづ、観光に

f:id:hiloiuki:20171221182246j:plain

そこらへんを歩いても趣のある寺院?が山ほど。。。

f:id:hiloiuki:20171221182320j:plain

仏教寺院が林立しているところに町があるという感じですね。

f:id:hiloiuki:20171221182449j:plain

f:id:hiloiuki:20171221182511j:plain

f:id:hiloiuki:20171221182525j:plain

ひとしきりホテル廻りをぶらぶらして

それだけでもけっこう観光した気分になったくらいですが

これからが本番。

しかし、バガンは広いので廻る為には足が必要。

数人で旅に来ていればタクシーのチャーターなどもいいでしょうが

単騎突入の為、電気自転車?バイク?みたいなのを借りました。

f:id:hiloiuki:20171221182724j:plain

さてコレで本格的に寺院観光するぜよ。

 

つづく