おもしろきこともなきよをおもしろく

ANA2018年度ダイヤモンド有資格。旅行など徒然と書き記す予定です。

クアラルンプール観光 パドゥ洞窟

プトラジャヤの後、クアラルンプール セントラルへ移動

そこから一駅のところ、駅から徒歩1分の好立地の安宿

f:id:hiloiuki:20180508154349j:plain

といってもちゃんとホテルでっせ。チェクイン。

f:id:hiloiuki:20180508154422j:plain

1泊で3600円ほどでした。私的に満足なお値段。

 

さて、残り少ない時間。何を見るか???

で、パドゥ洞窟をチョイスしました。

 

パドゥ洞窟はセントラルから電車で1本、乗り換え無し!

の良好なアクセスも良かったです。

 

しかし、当日、セントラル駅でバドゥ行きのチケットを求めると

Today no train, Use bas.

とのこと、なんか整備でセントラルから1,2駅目のトコまで運休らしい。。

 

案内されたバス乗り場は

f:id:hiloiuki:20180508154522j:plain

クアラルンプール空港へバスで行く人が乗るバス乗り場と同じトコにありますた。

 

係員にパドゥ洞窟行きたいねんケド、どのバス?

と、尋ねると、あっち。とのこと。で従って歩いていく。

ただの路線バスに見えて、これか?と怪訝な顔をして様子を伺っていると

そのバスだよ。と、教えてくれました。

今回、総じて、クアラルンプールの人々は優しかった好印象。

 

バスで15分少々、かなり大勢満員状態のクアラルンプール市民と共に。

観光客たぶん、自分だけ。みたいな状態で駅に到着しました。

 

CENTUL駅、、、CENTRALとは違うのだよ。。。

という事で、みんなと一緒に駅舎にぞろぞろ

f:id:hiloiuki:20180508154559j:plain

BATU CAVES行きに乗車

f:id:hiloiuki:20180508154628j:plain

20分おきの場合と40分もこない場合があるようですね。

幸い5分待ちくらいで乗れました。

 

乗車時間は20分程度で駅に到着です。

洞窟まで来る人はローカルの人は少ないようです。

一応、19:00クローズとの情報なので

私の到着はギリギリ18:40とかでしたので

見学を終えたっぽい海外の旅行者を少数見かけました。

 

駅から洞窟までは徒歩5分ばかし

閉店ガラガラッ!の時間帯の為か閑散とした感じが、、、

f:id:hiloiuki:20180508154739j:plain

ガイドブックで観る入り口のデッカイ金ぴかな像と階段がお出迎え。

 

改装工事中のご様子。

入れるのか?、思いながら入り口へ。とりあえづ入れるっぽい。

入ったモン勝ちだな。コレは。と、階段へ。

 

想像よりも急勾配でけっこうヘトヘトになります。

f:id:hiloiuki:20180508154823j:plain

もっとうじゃうじゃ居る。というような情報だった猿も

あまり居ません、でも1匹、いい感じに撮影できました。

f:id:hiloiuki:20180508154917j:plain

中も改装工事中。

f:id:hiloiuki:20180508154952j:plain

ヒンドゥの仏像がそこらへんに建っています。

 

f:id:hiloiuki:20180508155108j:plain

一番奥の方に光の差し込む穴と祭壇があります。f:id:hiloiuki:20180508155033j:plain

熱心にお祈りしている方々はインド系なのかな??

f:id:hiloiuki:20180508155142j:plain

なかなかの冒険、かついい運動になった。

 

この急勾配の上り下りはなかなか汗をかくので

来るなら朝方か夕方がよさそう。

しかし、ここも入場無料。

クアラルンプールの観光はお金がかからなくて素晴らしい。

 

f:id:hiloiuki:20180508155215j:plain

無事にCENTUL駅まで戻ってきました。

 

クアラルンプール中央駅(CENTRAL駅)起算で

直行電車出ているとすれば往復、観光も入れて

3時間程度で大丈夫じゃないでしょうかね??