読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぅーっとSFC取得

ANAのSFC取得を主に旅行など徒然と書き記す予定です。

ウィンチェスター ミステリーハウス

旅日記

ハワイからサンフランシスコに飛びました。

 

人生初のアメリカ大陸

まずはサンフランシスコから。

サンフランシスコには学生時代の

仲間が住んでいて、久々の再開もある。

 

とりあえづ、到着してそうそう

サンフランシスコから南へ1時間半ほどの

サンノゼの町へ

 

目的はウィンチェスター ミステリーハウス

ジョジョの作者 荒木飛呂彦センセイが

読み切りで原作していた変人偏屈列伝

描かれていた場所を聖地巡礼

f:id:hiloiuki:20170211013622j:plain

ざっくり解説をすると

ウィンチェスターというのは人の名前ですが

1800年代に銃を製造していた会社で

アメリカの西部開拓時代に大活躍したライフル銃です。

f:id:hiloiuki:20170211013452j:plain

銃が大活躍した。

という事はこのライフルによって死んだ人が

大勢いるという事。

 

このウィンチェスター ミステリーハウスは

そのウィンチェスター氏の夫人が作った館です。

 

ウィンチェスターさん夫婦は

原因不明?により、娘さんを幼くして亡くし

その後、15年ほどして旦那のウィンチェスター氏も

若くして亡くなってしまいました。

未亡人ですね。

f:id:hiloiuki:20170211013507j:plain

その幼い娘と若くして死んだ主人の死因が不審で

友人の紹介で有名な霊媒師に助言を求めたところ

ウィンチェスター ライフルによって亡くなった

死霊の恨みや呪いによるもので、このままでは

あなたも死ぬ。

死を避けるためには館を立てて

死霊が迷子になるように館を増築し続けなくては

ならない。

そういう訳で1884年から1922年

ウィンチェスター未亡人が亡くなるまで

38年間ずーーっと増改築が

続けられてきた。

 

しかも階段を登ってドアを開けると壁だとか

登っても降りている階段だとか

階段を登ると屋根にあたる。とか

2階のドアを開けると外に落ちる。とか

シャンデリアはティファニー

階段の柱は13本

窓枠が蜘蛛の巣のカタチ

とにかく奇怪で奇妙で豪華で立派で先進的で

たとえようも無いココでしか観れないような

微妙な場所で現在はもう観光名所なワケです。

f:id:hiloiuki:20170211013524j:plain

私はこの機会にぜひ訪れよう!

23:59にホノルルを出発して

07:00にサンフランシスコに到着

時差が2時間あったので実質5時間のフライトで

ほぼ徹夜明けのような状態で

レンタカーを借りて行ってきました。

f:id:hiloiuki:20170211013441j:plain

混んでいる時は意外に1時間待ちだったりするらしく

※かならずガイド付きでしか館内を廻れないので。

まつかなーとか思いましたがヨユーで入れました。

 

霊感強い人は何か感じるのかなぁ???

私は鈍感でなにも感じま変でしたがw

 

こういう王道から逸れたモノもなかなか

おもしろいでしたよ。

f:id:hiloiuki:20170211013532j:plain

つづく